日蓮大聖人の仏法

ホーム

日蓮大聖人の教え

日蓮大聖人の御生涯

日蓮大聖人の仏法

日蓮正宗の信仰

日蓮正宗への入信

信仰の功徳

信仰の実践

法華講について

法道院について

アクセス

お問い合せ

法華講について

 法華講とは、正式には「日蓮正宗法華講」といい、総本山と末寺を外護し、広宣流布を目的として信行に精進するための組織です。

 

法華講の名称

 「法華講」とは、末法の法華経、すなわち日蓮大聖人の仏法を信じて実践する人々の集まりをいい、大聖人御自らが付けられた名称です。

 弘安2年(1279年)10月12日、大聖人は熱原法華講衆が日興上人の指導のもと、身命に及ぶ迫害のなか、不退転の信仰を貫いたことに対し、出世の本懐として本門戒壇の大御本尊を建立されました。その脇書には、願主名として「法華講衆等敬白」と認められています。また日興上人のお手紙の中にも、「法華講衆」(佐渡国法華講衆御返事)と記されているように、宗門草創の時代から、本宗信徒は「法華講」と呼ばれているのです。

 以来、法華講は異体同心の信心を根本とし、正法護持・折伏弘通 の使命をもって邁進しているのです。

 

法華講の機構と目的

 法華講組織は、本部と支部によって構成され、本部は総本山内に、支部は各末寺にそれぞれ置かれています。また、日蓮正宗宗制宗規に定められた規約に基づき、本部は総講頭・大講頭、支部は講頭を中心とした認証役員によって運営されています。

 さらに支部には、壮年・婦人・青年・少年の各部のほか、地区・班・組等の体制が敷かれています。法華講の目的は、支部規約の中に、「本講は本門戒壇の大御本尊を信奉して総本山を外護し、本講所属檀信徒相互の信行学を増進し、所属寺院の護持発展を期し、もって大法広布をはかることを目的とする」と明示されているように、法華講はこれらの目的をもって諸活動を展開しています。

 

UNITY BETWEEN THE LAITY AND THE PRIESTHOOD

 Within Nichiren Shoushu, there exist the priests who correctly protect and transmit the True Law of Nichiren Daishonin and the lay believers who correctly practice this Buddhist Law expounded by Nichiren Daishonin.

 It is only when the laity and the priesthood unite, cooperating in mutual effort toward the propagation of this faith that we achieve true world Kosen-Rufu. The assembly of lay believers who are affiliated with the Nichiren Shoshu temoles are generally known as `Hokke-ko`.

 The term `Hokke-ko` refers to the name the Daishonin Himself bestowed on the lay believers on the occation of the establishment of the Dai-Gohonzon of the High Sanctuary of Honmon. Regardless of whether there exists a `Hokke-ko` at oneユs local temple or whether one resides in a country where no Nichiren Shoshu temple exists at this time, every Nichiren Shoshu lay believer assembles at either a temple, representative office or at a ommunity center to mutually foster one's understanding of faith by listening to the priests' sermons or by sharing the valuable experiences of faith with the fortune and to devote oneself to making further advancement in one's society as a capable person who makes contributions toward its progress.

 

↑go to top

 

Copyright © 2009 日蓮正宗法道院法華講. All Rights Reserved.